復縁メール・ライン・電話・手紙

復縁の手紙の内容、何を書けばいい?


復縁したいと思っている相手に、手紙を送るという方法があります。

 

メールよりも手紙の方が、きっと誠意が伝わるはずです。

 
しかし、問題なのはその内容ですね。いったいどんな内容の手紙を送るかによって、復縁できるかどうかは決まってきてしまうことでしょう。

 

まず大事なのは、ポジティブな内容を書くということです。自分のこれまでの悪かった部分を反省して、改めて二人でやり直していきたい。このように未来に向けてプラスな内容であれば、相手の気持ちを動かすことができるかもしれません。

 
しかし、あまりマイナスなことを書いてはいけません。別れてしまった今の状態があまりにも辛いといったような内容は、相手をげんなりさせてしまうかもしれないのです。

 

別れて辛い、悲しいといった泣き言は、「失恋をしてしまった自分はこんなにも傷ついているんだ」と相手にアピールしているように見えてしまいます。下手をしたら、責められているように相手が感じるかもしれません。

 
復縁の手紙は、自分とやり直すことは幸福なんだと相手に思わせることが重要ですので、あまりに自分本位な内容ではいけませんし、読んでいる人がネガティブな気分に陥ってしまうものでもいけないのです。

 
男性から女性へ、女性から男性へのどちらからの手紙であっても、プラスな内容を書くということは一緒です。

 

相手を責めるようなことを書いてもいけません。できるだけ誠意を感じさせることができる内容を心がけて書くようにしましょう。


この記事に関連する記事一覧

 最近の投稿
  固定ページ
  カテゴリー
  アーカイブ
  メタ情報
  タグ