その他

復縁心理学でよりを戻す


心理学をうまく利用することによって、復縁を成功させることができます。

 

 
★まず、ダブル・バインドという心理学を復縁に応用することが可能です。

 

たとえば、相手に気があると見せかけておいて冷たくしたり、無関心かと思いきやふとした時に好意をちらつかせたりしたら、「この人は自分のことが好きなのかそうでないのか、どっちだろう」と相手は戸惑うはず。

 

 

けれども同時にドキドキしてしまうのです。下手をしたら振り回されているだけ、と思われてしまいますが、対面しているときに相手にきちんと誠意を見せることで親密度をアップさせることも可能なんだとか。

 

 
★ほかにもドア・イン・ザ・フェイスという心理学も応用できます。たとえば元カレや元カノをデートに誘うとき、いきな旅行に行こうといったところで、恐らく高確率で断られますよね。しかし、「だったら映画を観に行こう」と言えば、それならいいかな、と相手に了承させることができる可能性があります。最初に大きな要求をして相手に断らせた後、小さな要求をして了承させるというわけです。

 

 
★上記のような心理学を実践するのは自分には少し難しいと感じる人でも、とても簡単に復縁に近づける方法があります。

 

元カレや元カノと会話をするときに極力相手に否定的な言葉を言わず、肯定する言葉を使うのです。これはYESの法則と言うのですが、相手からの言葉に肯定的な言葉を返すことによって、相手の自分への好感度が増すことでしょう。

 
これらの心理学を上手に活用することによって、復縁に近づくことができるのではないでしょうか。


 最近の投稿
  固定ページ
  カテゴリー
  アーカイブ
  メタ情報
  タグ